FC2ブログ

7月25日 明日イキトス、着くってよ。得意になったと思ってただけの苦手な子ども。アマゾンで最恐の黒い虫、痒すぎる。

Jul 25。

明朝にイキトスへ到着するらしいという不確かな情報を得る。少しずつ川幅が広くなり、船は蛇行せず直線的に進むようになってきた。代わり映えのないアマゾンの景色、少しずつ減る乗客、相変わらず蒸し暑い天気。いったん明日でこの船旅が終わると思うと、安堵感となんとなくの物足りなさと。吊るされたハンモックが少なくなればなるほど、子どもの遊び場が広くなり、騒がしくなる。隣の子どもたちがひっきりなしに話しかけてくるのに、少々疲れてしまった。オーストラリアとニュージーランドで慣れたはずの子ども、通りすがる分には平気だが、まだやっぱり扱いには慣れないようだ。ホームステイ先が、恋し。

手洗いだが、洗剤なんてつけないが、溜まっていた洗濯物全部できた。アマゾンの黒い水で洗った服たちは綺麗かどうかはわからない。が、汗かいたままバックパックに放り込むよりはマシだ。いま着ている服もジメッと汗びっしょり。わがままなもんで、アマゾンに来たら来たで極寒の乾燥地帯クスコが良く思える。アマゾンツアー、どんなものに参加しようか。正直ぼく自身はこの船旅だけで満足で、アマゾンで見たいものはない。この船旅こそがぼくのアマゾンで、これだけで120パーの幸福感を得られる。ゆきちゃん次第って感じ、そこは流れに身をまかせる。それにしても隣の子ども3兄弟はよく話しかけてくるぜ。

さすが乾季、アマゾンといえど毎日安定の天気。曇ることはあるものの、比較的晴れている時間が長い。今日は蚊の大群がやってきている。ハエのような動きの小さくて黒い虫がやたらと噛みついてくる。そしてそこら中プックーンやたら赤く腫れ上がらせ、そこがめちゃくちゃ痒い。こいつこそアマゾンいちばんの強敵。晩御飯、いつものレシートに大きくバッテンが書かれた。最後16回目の食事はカレー風味、明日の午前中にイキトスへ到着する確かな知らせ。なんとなくテンションが上がるのは、やっぱり幾らかのストレスがかかっていたからだろう。とりあえずベッドの上で寝転びたい、お尻に優しい椅子に座りたい。

日本でもしこのアマゾンの船旅と同等のものがあるとしたら、ひとは集まるのだろうか。選ぶことのできない限られた食事、隣の人とぶつかるプライベート空間のなさ、日本の真夏日が永遠と続く湿気と高温の毎日、水シャワーも洗面もアマゾンの黒い水。興味本位だけでは到底キツいのではないかという環境のようにも感じる。バックパッカーならではとでも言おうか、ぼくはこんな環境が今でこそ大好きだ。が、昔の自分ならゾッとしたかもしれない。恋人同士や夫婦なら、良い方に転がればもっとお互いを好きになるだろう、いちばん汚い相手を見ているようなもんだから。悪い方に転がれば。それはそれは。それは。。

DSC05812.jpg
アマゾン。

DSC05807_2018080603185304a.jpg
朝焼け。

IMG_4227.jpg
なんや、こいつ。

IMG_6133_20180806031858c36.jpg
昼。

IMG_6142.jpg
最後の食事。

イキトス目前。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply