FC2ブログ

7月27日 イキトスのイケてない宿事情。USJのアトラクションかい。アマゾンツアーには行かない。復路は何日かかるかな。

Jul 27。

せっかく180円くらい余分に払って朝食付きの宿にしたのに、朝飯イケてなさすぎて凹み笑い。空のコーヒー瓶、なぜかアリが集まるパン、洗われていない食器、そんなこと以前に朝9時になっても誰一人現れないレセプション。。これはちょっとキツイなって感じで、結局メルカドに朝飯食べに。結果的に美味いもん食えたし、フゴも飲んで満足。レセプションが開いていると思えば、熱心にツアーの勧誘。うん、きっとこれがこの町イキトスの日常なんだ。あとはー、晩飯のローカルレストランがない!これはまじで死活問題、2日間で何分歩けば見つかけることができたのか。イキトス、手強いぜ!でも、いいんだぜー。

午前中に別の安宿への移動を済ませる。イキトスは、どこもなんだか他のペルーの都市とは雰囲気が大きく異なるように感じる。さすがアマゾンの町なのだが、船旅8日間の後のこのクオリティはなかなかリラックスでけへんのもまた事実。んなことはまぁよくて、午後はアンドリューとソフィと合流してフェリー4人組で動物園へ。ローカルバスに揺られること30分強、道路コンディションが悪すぎて、USJのアトラクション"スパイダーマン"に乗ったときのことを強く強く思い出した。一度、完全に宙に浮いたのもこれまた事実。動物園はまぁちゃんと町の動物園だった。イルカショー、ほっこりするクオリティでよろし。

宿に戻ると宿泊客が大量に増えている。深夜が穏やかな時間になればいいのだけれど。イキトスは明日もう1日くらい散策して離れることになりそう。アマゾンツアーは行かないことに決めた。素晴らしい経験になるだろうことは容易に想像できる。が、まぁお金やいろんな感情との兼ね合い。もうツアー会社の話を聞くのも飽きた。そもそも往復のフェリーだけで十分希少価値の高い経験ができているのだから。多くの観光客が飛行機で訪れるイキトス、それからアマゾンツアー。そうであるならば行かないという、いつもどおりの捻くれた考えが頭を支配して納得させる。この選択に、後悔なんてない。もう十分に楽しい。

復路の船旅は、イキトスから前回のプカルパの北側に位置するユリマグアスという町へのルート。プカルパーイキトス間は通常4〜6日の航海らしいが、思わぬハプニングで8日要した。ユリマグアス行きの平均日数は2〜3日、さて次はどうなるだろうか。明日フェリー乗り場に聞きに行くか、それとももう一晩泊まるか。明日のことは明日決める。運動不足寝不足で、思いがけず体力がなくなっている。今日も動物園とボタニックガーデンを歩いただけで、足に鉛がついたように重たかった。イキトスからユリマグアス、タラポトなんかを経て、次に向かうはワラスでのトレッキング。スタミナつけないと、ちと恐ろしいな。

IMG_6278_20180813044542b64.jpg
セルバ。

DSC05822_20180813044505170.jpg
バイタクレース。

DSC05825_20180813044506950.jpg
ローカルバスの中。

DSC05827_20180813044508805.jpg
の外。

DSC05829_20180813044510610.jpg
車窓から。

DSC05831_20180813044511310.jpg
ギリギリ。

DSC05837_20180813044514c93.jpg
動物園。

DSC05847.jpg
プーマ。

DSC05849.jpg
ジャガー。

DSC05853.jpg
イルカショー。

DSC05861_20180813044522e1e.jpg
ジャングル。

DSC05866_20180813044524ddd.jpg
ミステリーハンター。

DSC05867_20180813044528104.jpg
落ち葉。

DSC05869.jpg
花。

DSC05873_2018081304453080b.jpg
湖のほとり。

DSC05878_20180813044532942.jpg
その2。

DSC05880.jpg
焼かれたやつたち。

IMG_6251.jpg
メルカド。

IMG_6257.jpg
朝飯。

IMG_6260.jpg
荷物おばけ。

面白い動物園でしたなー。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply