FC2ブログ

8月5日 ワラスに呼ばれていた気がするのは、揚げドーナツとアイス。イギリス滞在までもう少し、今度はどんなかなー。

Aug 5。

早朝5時過ぎにワラスへ到着。標高3000mまで上がった。が、想定していたより寒くなくて、着替えることなくサンダルと短パンで宿へ向かう。10ソル約330円くらいで泊まれる宿を聞きつけ、早起きは三文の徳、ぎりぎりベッドを確保できた。8時ごろまで待って無事チェックインした後は、ほんの少し町を散策しに歩いてみる。ツアー会社の多さが観光の町を匂わせる。でも客引きにはほぼ会わず、イキトスより居心地が良い。陽射しが出てくれば暑く感じるほどの気候は、なんだか最近求めていたものだ。乾燥と気温、ワラスに呼ばれていたのかなとか勝手に。ただ日陰は、やっぱ寒いようだ。慌てて日向へ駆ける。

ほぼ海抜ゼロの地から今度は3週間ぶりに3000mを越す町へやってきた。高度順応を兼ねて今日は日中ダラダラと過ごす。まぁそもそもいろんな疲れが現れてきて、とてもじゃないが精力的に動こうと思えない。目当てのラグーナ69へは、明後日くらいに行ければいいだろうか。9月13日というリミットがあることで、あまりのんびりもしていられないのだが、こればかりは仕方なし。明後日のトレッキング、晴れてくれたらいいな。ワラスの町、揚げドーナツの屋台やアイス屋のおっちゃんの数が多い。やはり呼ばれておったな、この町。いつでも買えると思ってた揚げドーナツ、晩飯後なぜ消えるのだ。おい、食いたい!

この町の物価は少し安め、だから幾らかのヒッピーも住み着いている。日曜日ということもあるのだろう、夜遅くまでメルカド周辺が賑わっている。夕暮れ以降、やはり少し冷え込んでくる。それでも最近の寒すぎる・暑すぎる極端な町々に比べれば、とても過ごしやすい気候。ゆっくりするはずが、いろいろしてたら結局めちゃくちゃよく歩いた1日になった。それにしても、本当に中米南米の国々は途上国なのか、なぜ物価が安いのかとか、いろいろなことを関連づけることが難しい。メルカドが1つの町にいくつかあって、そこら以外でもモノが余りあるほどに溢れている。なにを豊かと言うのか、全然わからない。

ワラスでのラグーナ69トレッキングが終われば、すぐにエクアドルへ、次の国へ。ペルーは好きだし、長い時間を過ごしたわけでない。でもイギリス滞在が現実化したことで、今回の旅の終着点が見えた。旅モードから自分を変化させられるか考えたけど、そもそも考える必要なんてない。過去5,6年に渡って培ってきた経験が、血となり肉となって染みついてる。勝手に順応できる旅人だ。イギリス。どんなとこに住み、働き、どんなひとと出会うのだろうか。カナダでの長期滞在は出会った人数と繋がりの強さみたいなものが比例せずに苦しんだ。幾らかのひとたちにとてもとても助けられた。今度はどうなるだろうか。

IMG_6588_201808170628560d1.jpg
夕方。

IMG_6575.jpg
宿より。

IMG_6577.jpg
ちょっと歩いてみる。

IMG_6585_20180817062845d9a.jpg
アイス。

IMG_6576.jpg
晴れ。

IMG_6592.jpg
晩飯。

IMG_6595.jpg
夜。

明日ものんびりDay。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply