FC2ブログ

8月21日 ラス・ラハス教会の写真、どの角度からがいちばんお口に合いますでしょうか。全然カリに23時着きませんやん。

Aug 21。

早めに寝た昨晩、今朝は午前6時ごろに目が醒める。久しぶりの北半球、暖かいのかと思っていたイピアレスは意外に標高が3000m近くあって寒い。なかなか布団から出られず、ベッドでゴロゴロタイム。朝ごはん、トウモロコシのパンとコーヒーを。ブラックコーヒー一杯40円、苦味が少ないのはコロンビアのコーヒーがそうなのか、ただこの店のコーヒーがそうなだけなのか。自分の先入観がそうさせるのか、なんとなくエクアドルとコロンビアは違う空気感のようなものを感じる。ターミナルの外側にあるコレクティーボで、ラス・ラハス教会行きのタクシーに乗る。2,500ペソから下がらず。物価は上がる一方だ。

今日は雨模様。ウインドブレーカーを着て正解。ラス・ラハス教会、ありがちな世界一美しいシリーズのやつ。それがどうかは世界中すべての教会をぼく自身が見終えた時に評価しよう。曇り空の下、山奥にひっそりとそびえ立つ教会は少し不気味なようで、幻想的。晴れているとより良い景観なのだろうが、それでもたくさんの角度から写真を撮るのが楽しい。いちばんカッコいい角度はどこなのだろうかと勝手に優越をつけながら。1時間ほどの滞在で十分にその姿を目に焼き付けた。帰りのコレクティーボはスムーズに人が集まる。晴れ間が覗いたかと思えば、またすぐに小雨がパラつく。久しぶりにこんな天気もあり。

お昼12時のバスでメデジンを目指すことにした。まずはその南の町カリまで。11時間だと言われたが、経由地ポパヤンに着いた時点で23時最終のバスに乗れないことが容易にわかる。道中は割とよく眠れた。コロンビアのバスは激寒だ!とかまた誇張表現ばかりが目立つ。普通、というかどの国のバスもだいたい暑いか寒い。今回は途中まで寒くてカリ近くになると暑くなった。コンタクトレンズがカピカピで落ちてしまいそうなのを必死に瞬きで涙を注入。カリは治安があまり良くないらしいというのは、ターミナル前のホームレスの雰囲気でそれはなんとなくわかる。4時発のバスを見つける。あと3時間半待機や。

カリに降り立って一気にムッとした暑さがやってきた。Tシャツ1枚以外いらない。メデジンやボゴタは少し標高が高いようだがどうだろうか。カリブ海に面するカルタヘナは年がら年中蒸し暑いと、ネットには書いてある。まぁ暑いのだろう。最近、性格が悪くなっている気がする。アマゾン前とアマゾンに出向いてからのビデオの表情も、ブログの言葉の端々も違う。いろんな要素が影響している。いまの自分は嫌いだ。こんなにもネガティブな要素を取り入れてしまうのか。わかっているのだから変化させてやればいいのだが、メデジンに着いたらとりあえず落ち着いて考えてみるか。午前3時、あと1時間何するべな。

DSC06741.jpg
この角度もよし。

IMG_7220_201808231220046f0.jpg
朝ごはん。

DSC06694.jpg
坂を下れば、

DSC06696.jpg
ありました。

DSC06705.jpg
内観。

DSC06706_20180823121919006.jpg
ちょっと不気味。

DSC06710_20180823121921b7c.jpg
でもやっぱ綺麗。

DSC06714.jpg
雰囲気あるある。

DSC06715_20180823121928a16.jpg
おみやげ屋。

DSC06718_20180823121933a74.jpg
横から。

DSC06731_20180823121935d8e.jpg
下から。

DSC06724.jpg
ここからもよし。

DSC06747.jpg
上から。

DSC06763_20180823122009591.jpg
花。

DSC06764.jpg
帰り。

DSC06753_20180823122009e3b.jpg
遠くから。

同じ写真ばっかですみません。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply