FC2ブログ

8月25日 移動日は長らくメデジンで待機。”共感とリスペクト”という後付けできない人間関係性。イギリスのこと。

Aug 25。

ペルーはクスコの宿のスタッフで仲良くしてくれていたナイダの誕生日、Wi-Fiを取れず連絡できないよが少々気にかかる。今朝は9時ごろまでゆったりと寝転んでいた。支度を済ませたあとは朝食を食べに外へ出る。100円ちょっとで、パン2つにコーヒーを一杯。11時のバスに乗り込んでグアタペからまずはメデジンへ戻る。余分に1泊を考えなければ、本当に一瞬でどの町も過ぎ去ってしまう。イギリスが終わったあとはまた、じっくりこってりの旅に戻したい。16時30分発のカルタヘナ行のバスチケットを購入、数時間はバスターミナルで待機。もっとゴロ寝してもよかったのか、とか。

共感とリスペクト。ひとと関わり合ううえで、いつも大事にしている言葉なのだが、わかってきたことがある。この2つに関しては、おそらく知り合って絆が作り始まっていく段階で決まる。何が言いたいかというと、関係が続いていくからといって共感とリスペクトは後から造られるものではない気がする。最初、最初で決まる。この2つがあれば、どんどん絆は深くなり、愛情・友情は育まれていく。でももともと存在しない場所に後から造るのはとても難しいように感じる。感覚的なもので、自分の中だけで完結してしまう理解不能な話をして申し訳ないのだが、残しておきたいと思った。

コロンビア残り3週間をきった。いつくらいからイギリスの仕事のアプライを始めようか。気張ることはないが、また若干のストレスがかかる日々がやってくる。仕事が決まるまで、住処が決まるまでは、海外の長期滞在は落ち着かない。ロンドン、広すぎてどのエリアがどうとかまったく見当がつかない。1つ2つレジュメを渡して、相性バッチリで、長く楽しく続けられる仕事をはやく見つけたいものだ。干渉されず、自由を容認してくれるちょうどいいテキトー加減のシェアハウスをはやく見つけたいものだ。割とどちらも得意にできてきたのだが、今回はどう転ぶのだろうか。

20時バスの中、もう寝る準備は整っている。移動だけで1日が終わる日、なにか作業をしようにも充電がそれに制限をかける。世の中ここまで発達してきているのだから、半永久的に使えるスマホだって実際は開発可能なはずだ。充電というシステムが20年以上変わらないこと自体、ぼくには理解し難いことでしかない。見ている世界以上にほんとうの世界は発展している、というこの推測に賛同してくれる方はいないだろうか。リニアモーターカー、いつまで実現させずにいるつもりなのだろうか。事実無根の話だけど、なんかこう裏ばかりがありそうで少し恐ろしい世の中でもあるなーなんて思ったり思わなかったり。

IMG_7362_201808270849554d4.jpg
朝からビビットカラー。

IMG_7376.jpg
バスターミナル。

IMG_7378_20180827084956eec.jpg
3時間待ち。

IMG_7383.jpg
バスでジュースでた。

IMG_7392.jpg
休憩。

コロンビア、さっくさく北上。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply