FC2ブログ

9月3日 南米最後の訪問都市ボゴタは、オシャレで清潔感あるひとだらけ。イギリスのこと色々悩む。日本風土がそうさせる。

Sep 3。

ボゴタに到着。身体は喉以外すっかり元どおりで、バックパックの重さがいつもどおりの感覚に戻った。今回もバスターミナルからメトロに乗って、宿を目指す。先に10泊することを引き合いにメールしたところ、少し条件が良くなった宿があった。ちょうどいい気候、チェックインまで少し時間があるのでなんとなく街を歩いてみる。ボゴタはすごくオシャレで綺麗に見える。というよりコロンビア全体がやはりそうであり、その中枢であるボゴタはそれで当然か。街ゆく人たちはオシャレに着飾っているし、清潔感がある。もちろん警戒心を解くことはないけれど、治安ばかり騒がれるのはやはり筋違いだ。みんなお洒落。

夜、久しぶりに自炊をする。いつもどおり、バターガーリックライスになる。味の濃い外食が多かったからか、いつも以上に味付けしても薄く感じてしまう。間違いなく塩分糖分摂取が過多になっているはずなので調整しなければいけない。自炊だと満足度が違う。安い値段で大量に自分好み、ええことしかない。静かなホステルで落ち着く。夜になると肌寒くなり、ジャケットが手放せない。それでもクスコなんかに比べると全然過ごしやすくて、これくらいがちょうど良い。コロンビアを最後にまわったのは個人的には大正解だ。本当にひとか優しいし笑顔が素敵で、ほのぼのした状態で南米を去れる。いよいよあと10日。

イギリスのこといろいろ。SIMカードも買いたいし、ネットバンクも開設したい。が、いまネックになっているのは海外から申し込むにしても今現在自分が携帯番号を持っていないこと。個人情報を入力するうえでこの必須事項にいつも悩まされる。イギリスの友達がアシストしてくれようと頻繁に連絡をくれるのだが、いかんせん時差もあるし、段取りが見えてこず停滞。スムーズにできる方法があるだろうが、もうちょい調べる必要がありそう。そうこうしている間に日が経っていってまいそうだ。シェアハウスの内見も連絡しないといけないし、仕事の面接もお願いしておいたほうがいい。先手必勝、今までのサイクル。

21時過ぎに眠たくなって布団に入る。日本人が数名いて明日キューバに飛ぶらしい。コロンビアからキューバということはきっと南米の旅は終わったのだろう。期間は1週間らしいキューバ、多くの日本人バックパッカーの謎は、憧れているのに期間が短いことだ。欧米の彼らと比べると、明らかにスタンプラリーのような旅をしているひとが多い。否定とかではなく、きっとお国柄がそうさせる。休暇が取れなかったり、普段の社会・生活スタイルがそうさせている。日本は本当に余裕のない国なんだ。なぜあんなにも潤っているのに、なぜあんなにもみんながそれを求めているのに、いつまで経っても変わらずなのかね。。

IMG_7598.jpg
ボゴタ到着。

IMG_7594.jpg
最後の南米バスターミナル。

IMG_7595.jpg
歩く。

IMG_7596.jpg
歩く。

IMG_7601.jpg
都会。

IMG_7600.jpg
旧市街到着。

IMG_7605.jpg
昼ごはん。

IMG_7606.jpg
チョコラテ。

IMG_7609.jpg
歩く。

IMG_7612.jpg
広場。

IMG_7610.jpg
ホコテン。

IMG_7618.jpg
晩飯。

いよいよラスト。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply