FC2ブログ

10月1日 いよいよロンドンで仕事スタート。どうやらいつもいつも良い職場の雰囲気に恵まれる、強運が発揮されたようで。

Oct 1。

目覚まし前にやっぱり起きる。久しぶりに故意的に午前6時台。準備して、濃いめ少なめのコーヒーを流しこんで、友達に勧められたとおりゴム2つで髪を括って、家を離れる。職場があるセントラルまでは1時間ちょっとなので、やっぱり歩くことにする。ロンドンの朝を感じてるのか、とかちょっと寒い中を勝手に思う。たくさんのひとがすでにセッセセッセと歩いている。いつものやる気BGMは松本人志の放送室。これでぼくのテンションはグッと上がる。予定より20分もはやく着いてしまった。はよ歩きすぎ。いつだってなんだって初日は緊張するもの、かと言って無限の可能性を持つわけではない。できる限り。

オーストラリのケアンズで働き始めた時のことを思い出す。お皿の準備と盛り付け、ちょっとした野菜のカット、皿洗い、味噌汁や小鉢の準備。少しずつ少しずつできることを増やしていく。ケアンズの職場は本当に楽しかった。シェフのミッキーさんが良い人するぎることや理解があることがいちばんだった。お金どうこうではなくて、あそこでずっと働きたいと思うほど毎日が充実していた。今回もどうやら同じニオイを感じる。ここは別店舗だが新しく準備しているレストランで一緒に働くヘッドシェフ、すごく良い方で、面白そうだ。ひととの関わり方も日本時代に比べてればマシになったはず。これは良い兆候だな。

きちんとした賄いはどこ以来だろうか。やっぱ飯屋の飯は美味い。日本食レストランの賄いは最高だ。みなさん少食なようで、ぼくはお腹が減っているようで、やっぱりいつも通りたくさん食べる係になってしまう。ソバメシ、ソバメシなんて日本以来だ。茶碗4杯もいってもーた。太りたくはないので、やっぱり帰りも歩こうと決意する。その後、まだ内装準備中の新しいお店を見せてもらう。オープニングから仕事を始めるととても楽しいと、聞いたことがある。なんだかわかる気がした。まだ産声をあげていないこの店、自分の手でないけれど、一緒に育てていくんだみたいな、そんな当たり前の楽しさが浮かんできた。

あと1ヶ月くらいはかかるのかもしれない、それでもここで働きたいなと思う。マネージャーがとても頼りにしてくれていて、多少気がひけるが、始まる前からぼくの人柄を好いてくれている。午後17時30分、今日はもう大丈夫だよーと。帰りにジャパンセンターなるものに寄ってみる。見たことのない日本のお菓子がポッキーの横に陳列してある。きっと今帰国してコンビニに寄れば、得体の知れない商品がずらりと並んでいるんだろう。また1時間かけて帰る。緊張したりもしていたのだろう、自分の想像をはるかに超える疲労感がドッと押し寄せる。眠れないんだけど、すぐにベッドに転がった。初日、充実でした。

43021472_1670222136419922_5029117136920903680_n.jpg
ニュー店舗。

43033972_347059876033453_8049949944674516992_n.jpg
ジャパンセンター。

43074577_490825248086733_5973442319163064320_n.jpg
いま店舗。

43016016_952053454981534_2174476027101708288_n.jpg
帰り。

42909313_488207931681975_6038042728988672000_n.jpg
シェアメイトからの弁当いただき。

明日も楽しみましょう。
↓クリック for "Like!”
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply