FC2ブログ

11月26日 ロンドンに名探偵コナンがたくさん。ワーホリで経験した職場は恵まれた環境ばかりだ、ほぼ。ことの重大性。

Nov 26。

ロンドンには多くの名探偵コナンがいる。電動スケートボードを乗り回し、颯爽と通勤している姿をよく見かける。セグウェイのひとだっているし、電動キックボードも多い。時代ってすげー。車とバイクと自転車しかなかった時から随分といろんな交通手段をみんなが日常に取り入れられる風潮になっている。日本でだとローラースケート・ブレードはおかしいかもしれないけれど、海外だと見かけるし、それが別に違和感がない。やっぱりみんな周りを気にしないからだ。自分はすごい日本人的だと”自分”では思っているけれど、会うひと会うひと海外だという。上の話と関係ないけど、きっとどこかで繋がっている思考。

紅葉がぜーんぶ落ちた。冬本番、まだまだフーディーで耐えてやる。カルガリーで働いていたカフェで新しい日本人の子がスタッフになっている。そしてマネージャーのShoshに僕の話を聞いたらしく、Instagramで繋がることができた。なんかすごく不思議で面白い感覚。Shoshがまだ僕のことを覚えてくれてるのが嬉しいし、僕の話を出してくれるのが嬉しい。本当に感謝している存在のひとり、僕のことを認めてくれている存在のひとりでもある。ワーキングホリデーで働いた職場では、そんなひとにいつもとことん恵まれている。当たり前のことをきちんとすることに、僕はどうやら自信を持っていいみたい。

写真が消えた。その事実と重大さが日に日に増してくる。いちばん愛おしい旅の時間、愛情をもっとも勉強させられた旅の時間が全部なくなってしまったかのように感じる。心には残っているし、消えることのない記憶。でも、喪失感だけが溢れるほどに襲ってくる。テンション上がらん。自分だけのことのようには思えないからだ。彼女にも申し訳のないことをしている感情になっている。途中まで見つかったって意味がないのだ。もっともっと色濃くなっていった素敵な時間の写真だけがなぜなくなるんだ。めっちゃ悔しくなってきた。なんでもするから取り戻したいくらい。こんなに下がってる月曜日は、なかなかない。

IMG_8887.jpeg
チゲ。

IMG_8895.jpeg
美味しいやつ。

元気をください。
↓クリック for "Like!”
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply