FC2ブログ

12月4日 意外性っていうのは、こっちが勝手に解釈しているだけのもの。ボウズってすげーぜ。お疲れなんてしてない。

Dec 4。

意外と彼氏がいたりいなかったり、彼女がいたりいなかったり。意外に人見知りだったり社交的だったり。アウトドアだったりインドアだったり。でもそれってこっち側の勝手なバイアスをかけているだけで、意外でもなんでもないのだな。ひとりひとりの思い込みがつくる世界があまりにも大きすぎて、その思い込みがいつの間にか社会で共通の認識にまで登りつめていたり。でも意外なんてことはきっとない。偶然の中の必然ではなく、それはもう必然のように。もっとフラットに、いつもゼロに立ち戻った寄りのない目で、話を見て聞いていくことが大事だ。勉強勉強ありがとう。

夜中に行う腕立て伏せ。なんでか調子がよく回数がこなせる間は終われないから、どんどん時間が伸びてちょっと笑ってしまう。倒立が少し倒立っぽくなってきた。今でもまだ腕力がついてこないからすぐにギブアップしてしまうのだが、1年も継続すればもっとカタチにできそうな雰囲気は漂ってきた。ボウズ、シャワー浴び終わってからベッドに入るまで最短時間でいける快感が、もはやイってしまいそうなほど気持ちがいい。ドライヤーをする必要がなくなるだけで、これほどまでに人生豊かに感じると思っていなかった。ケアが大変だけどこれは当分やめられそうにほんまにない。

またひとり、またひとり、旅を終えて家路へついたひとたちの報告がFacebookにあがっていた。「お疲れさま」っていう言葉への違和感。ぼくはお疲れさまの感覚がない。疲れてないし、頑張ったわけでもない。捻くれないと面白くなくなっているのだろうか。いちいち言わなくていいことまで口を出したくなってしまっているんだろうか。旅に行って帰ってきた人には、人だから会いたくなるのだろうか。そんな言葉をぼくはいただくこともないだろうが。父親と母親、彼らはどんな言葉をくれるのだろうか。たぶんきっと家を出たあの日と同じくらい自然体なのであろう。さすが。

IMG_9021.jpeg
最寄駅にもツリーが。

寂しいXマス、近し。
↓クリック for "Like!”
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply