FC2ブログ

1月11日 メッセージをどうもありがとう。ブログを通じて、日本の高校生と興味深い対話を進めていこうと思います。

Jan 11。

嬉しくて面白い出来事が起きている。とある日本の高校生からInstagramを通じてメッセージをいただいた。興味深い質問から始まった。「進路や今後の将来を見据えた時に、最終的に思い出したいのは古文や歴史ではない。」と言った内容で「旅なんかをして出会ってきたたくさんのひとたちを思いたい」というニュアンスの想いだった。これから時間をかけて彼女といろんな話をしていこうと思っている。自分が高校生の時なんて、先のこと全然考えていなかった。バスケが上手くなりたい!という目の前のことだけで精一杯だった。大人な子だ。ぼくがたくさんのことを学ぶ側だ。

どこからかぶち当たって、ブログやInstagramのコンテンツに少し目を通してくれたらしい。ぼくは何もしてない。でもきっともしかしたらリアルなのかもしれない。この生き方が理想でないし、決して推奨されるものではないことを知っている。でも、きっとヒトによってはこんな生き方もありなんだって、選択肢のひとつになりうるのかもしれない。ぼく自身がそうであるように。生きることをしっかり考えている熱心な子なんだと思う。適当なことをしないからこそ出てくる悩みだとぼくは知っている。なにかぼくがお手伝いできることがあれば、それはそれは嬉しいことになる。

たまにこんなことが起きるから、旅もこの生き方も自分の進むべき道も、とりあえずそのまま走り抜けようと思える。もっとこれが続くようになれば、それはきっと本当に進むべき道なんだろうけど。まだ手探りだけどとりあえず走っている。マリオカートのショートカットのような近道はない。近道であっても、あれはまあまあ難しかった。とりあえずは前に見えているところを踏み外さないように歩き続けるしかない。きっとどこかでいろんな光が射してくる。間違いだってある。それでも進む。進んで進んで進み続ける先におそらくきっとある希望を掴むために。たぶんきっと。

IMG_9549.jpeg
パン入刀の遊び。

ありがとう。
↓クリック for "Like!”
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply