1月19日 知らないことを知ったスカイ島へは必ず行くことにしよう。会いたいひとに会いに行くだけで人生終わっちゃう。

Jan 19。

知っていることを知っている、知らないことを知っている、知らないことすら知らない。これらで分類できる知識脳。また1つ知らないことすら知らないから知らないことを知っているへ加わった興味がある。スカイ島、イギリス滞在期間中かその後かはわからないけれど久しぶりに興奮した。絶対に訪れる場所のリストへと加わった。雄大な自然があるということだけがなんとなくわかった。後は行ってみてのお楽しみ。いまニュージーランドのダニーデンで知り合った友達のヒロミさんがそこに滞在している。この後寄ってくれるだろうロンドンで、その話をうんと聞こうじゃないか。

ひとの上には立てない。ひとの下にもいたくないのかもしれない。周りと同じ目線で、周りのことを考えて、自分ができることを一生懸命。生活する上でそれはベストなんだろうけれど、仕事っていう面ではやはりいつまでも半人前だ。というよりもやっぱり個人でしか動くことができないのだと知る。周りに迷惑をかけたいわけではない。ただうまく立ち回れないだけなのだ。過去振り返ってそれが申し訳なく感じる場面があまりに多い。我慢や辛抱の調整がうまくできない時も。社会を生き抜くって、それだけでも馬力がいる。おそるべし社会人。適合できなすぎて、自分が面白い。

大好きな先輩のひとりである高校バスケ部時代の伊東くんに、日本を離れる前に連れて行ってもらったのが焼肉屋の叙々苑だった。いくらかかったのかも知らないし、思い返しても美味しかった思い出といつもと変わらない会話のリズムだけははっきりと覚えている。誰に対しても優しく、少しのトゲはご愛嬌だと誰もがわかるそのユーモア。計り知れないほどの努力の量。ひととして尊敬してやまない。会いたいのではなく、会わなくてはならないほど魅力的なひとがたくさんいて。いつか帰った日本ではそれだけで大忙しになりそうな予感だ。楽しい先があれば、全部楽しめるのだ。

50184535_2378058855755311_4890671687927857152_n.jpg
うまいもん地獄。

明日は読書デイ。
↓クリック for "Like!”
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサー

Comment