FC2ブログ

1月24日 妹はいないけれど、妹ってこんな感じかと思ったり。なんでモノは知らぬ間に増えていくのか。自分を魅せる。

Jan 24。

朝7時半に起こしてほしいと、かわいい妹のような子に頼まれたからわざわざ自分の目覚ましをセットして起きる。電話をかけて"ちゃんと学校いきや"と促してから、今度はいつも通り8時55分の目覚ましをかけて二度寝。実際に妹がいないからそれが妹っぽいのかどうかもよくわからないのだが。彼女が出勤している日は楽しい。ぐちぐちといかにも若者らしい雰囲気を持ちながらも、本当に気が効くしよく働いて助けてもらっている。自分が10代の頃アルバイトをもしどこかでする機会があったならどんな仕事ぶりだったのだろうか。少なくとも接客業は微塵もできなかっただろう。

また今晩から冷え込みがおさまった。ついに仕事場にジャケットを着ていくのかと構えていたが、それもいったん横に置いておこう。ロンドンの夏はどれくらい暖かいのだろう、今と同じように職場まで走れば汗いっぱいかくのだろうか。夏に着る服、少し飽きも来ているのでこの夏で着倒したい。父にまた服を送ってもらうように頼まなければ。いま手元にある2つの長パンもイギリスにいる間に両方ダメになるだろう。フーディー、片方に絞り込むタイミングがいつか来る。アンダーウェアはやめる。靴下はどうしよう。いつのまにかモノが増えている、手放さないと居心地がわるい。

謙遜しながら才能を見せてしまうそんな魅力がある。自分では大したことができないと思っていても、他者の基準で見ればそれは玄人の域に達していたり、予想を遥かに超えるパフォーマンスがそこにあったりする。嫌味になるかはそのひとの人となりと周りとの関係性が決めること。さらっとなにかをやり遂げてしまう、そんなセンスもあるんだと驚かせる。ぼくにはなにかそんな誰かに認めてもらえるようなチカラがあるだろうか。趣味、特技、そんな自分をちょこっと紹介するクッションを持ち合わせていない。小さい頃からずっとずっと悩んで、もう諦めた。なんか書いてみた。

50832866_2019408138096285_771223624957820928_n.jpg
ししゃも。

んー。んー。んー。
↓クリック for "Like!”
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply