FC2ブログ

2月2日 何かが切れたんやけれど、結び直すことは可能なのかね。ストレッチ重視の生活に切り替えましょーぞ。

Feb 2。

何かがプツンと切れる音がした。表情が消える。その原因が何か1日経った今でもわからない。けれど、完全に何かが切れた。喜怒哀楽、明らかに何かが失われたような。こんな暗く重いブログばかり書いていて大丈夫なのだろうかと、もう一人の自分リトルヒロキが語りかけてくる。大丈夫ちゃうわい。囚われてはいけない。仲間からのメッセージの着信音のおかげで、最近は朝ギリギリ起きることができている。いつだって抜け出せる。いつだって終わらせられるなら楽しんだらいいだろう。自分ひとりじゃない。みんなそれぞれいろんなものを抱えて生きとんねん。シャキッとせい。

筋トレだけしてたってあかん。ストレッチやらんと。また身体がカッチコチになっとる。イコール心もカッチコチだ。だからか、最近ヘンテコリンな考えばっかりが浮かび上がってくるのは。中学時代、開脚しておデコがペチャっと床についた。前屈して膝とキスさえできた。あの頃の運動神経がピークだった。お世辞抜きで自分はまあまあできるんだって、結構自信があった。あの辺がなんとなく人生のとりあえずのピークだったか、身体的なところで言えば。心が伴ってこい。んで身体ももう一度ピークに這い上がらせてこい。疲れとか時間とか言い訳せずに、やることやらんかい。

歳はとる。どれだけ逆らって争ったって、それは周知の事実である。不老不死はなく、老化というのは徐々にでも確実に自分の身体を蝕んでいく。ただそれを楽しみながら、うまく付き合いながら、より楽しくより充実し、より健康でより幸せに生きていくことは余裕で可能だ。現にいちばん身近な存在である父親と母親がその最たる例だ。彼彼女の生き方は美しい。彼彼女の歳の取り方は綺麗だ。あんな大人になっていきたい。全然違う青年期を過ごしているんだろうけれど、それでもぼくもあんな風に考えられるようになっていきたい。隣に教材がいつも置いてある環境に感謝だ。

IMG_9993.jpeg
キムチングタイム。

いつもありがとう。
↓クリック for "Like!”
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply