2月12日 けっきょく信頼関係は人間関係だと、最近身をもって感じているとうい現実。幼稚園に再入園を考えておます。

Feb 12。

楽しい楽しくないのスタンダードがなくなる。感情がなくる時間が長い。無理に抜け出そうと思わないように。約束というもの、どう自分の中で位置づけようか。自分から約束する。ぼくは必ず約束を守るから。でもひとからは?約束はしない。自分が思っている以上にその効力はなく、感覚が違えばその大きさも異なる。そうなら約束しないという結論に落ち着く。信頼なんてできない。誰も信じられない。もっと聞き流さないと。いい加減にならないと。一人で生きていかないと。けっきょくひとりという言葉をもっと真摯に受け止めて、自分の行動を作り上げていかな。やられる。

”自分”という感情より”相手”の感情が先に来る心優しいひとの脳みそ、幼稚園児が楽しむ塗り絵くらいわかりやすい図で見てみたい。意見を持つことはいい。意見を聞くことはもっと大事で先にそれができるという人間性。自分を抑えられない。全部ぶつける。感情をコントロールできることを大人と呼ぶのか。主張を抑えることが大人か。飲み込んだり我慢したり妥協したり、駆け引きで人間関係を作り上げていくのか。それならぼくは子どもと子どもでぶつかり合いたい。殴って泣かされて拗ねて告げ口して。そんなほうがよっぽど生きてる。もう一度幼稚園にでも入ってみようかな。

52755271_2288523528090905_599042479165014016_n.jpg
スコッチウウィスキーだ!

あーわからん。ねよ。
↓クリック for "Like!”
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサー

Comment