2月16日 不老不死の薬を飲んだって幸せになれるとは限らないぜ?刻みたい言葉が見つかれば、すぐにでもタートゥーだ。

Feb 16。

すべてがうまくいく、潤沢にお金がある、やりたいことができる、自分の思い通りに物事が進む。そんなふうに人生の時間が過ぎていくのだとしたら、それはゼロストレスなのだろうか。買いたいものが買えて、行きたい場所に行けて、食べたいものが食べられる。そこに不幸せというカテゴリーが存在しない幸せが無期限に広がり尽くしているのだろうか。そうじゃないんだろう。分かり合える人がいて初めてそこに充実が現れる気がする。どんな状況でさえ、ひとが求めるのは愛情な気がしてならない。今の自分がそこに飢えているから、余計にそう感じる。愛情が、愛情が欲しい。

刻みたいのだけれど、言葉に出会えていない。そうであるならば、もう少し時間が必要ということだろう。一緒にいて楽しい、それだけで素敵な出会いということだろう。好きか嫌いか、それは立派な行動意欲につながっている。雨も好きだけれど、晴れているのはやっぱり気持ちがいいものだ。コーヒー飲んでホッと一息、また今から頑張ろうって思える。電波で繋がっていない時間も、あなたのことを思い浮かべています。ほんの少しの笑顔が重なるだけで、なんでこんなにも幸せが訪れるのだろう。いろんな良い感覚を言葉にして集めてみた。自分の趣味嗜好が、なんか見える。

52819985_402240567248300_8860500832815153152_n.jpg
石焼カレーって言います。

休みの日、気づけば16時。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサー

Comment