3月4日 待合室って希望を見出す場所だろーよ。5日の出来事だけど、カナダのスキー場仲間が大阪に来てたんだ。

Mar 4。

言い訳ばかりの世界だ。そこまで自分を守りたいなら、いったいその問いは誰に向かって話しているんだい?誰のための時間かよく考えてみたほうがいいよ、すぐにわかるから。どんな状況に置かれれば、いったい君の本気は生まれるんだい?惰性で生きるのはもうやめようぜ。生きるか死ぬかの真剣勝負に本気じゃなくて、いったい何を語れるんだい。いろんなことを言いたかったその時間、ぐっと抑えた。でも本から目にだけ飛び込んできた文字たちは、ひとつも頭には届かなかった。集中できなかったその時間を返してくれ。しょーもない口答え、もうそろそろええんちゃう?

ぼくの今の脳みそ、情報処理が追いつかない。受け付けようとしない身体の反応は、睡魔となって降りてくる。これを書いている今も、決して楽しいことなんてない。だから筆を置く。ここからは翌日の話だ。カナダのバンクーバー、マウントシーモアで働いていた時の同僚タニヤが日本に滞在している。大阪に到着した今日5日、大阪城で待ち合わせをして少しだけ案内役となった。良い子だ。たこ焼き、団子、ミックスジュース、キャベツ焼きの順で回っては振る舞った。できることなんて限られている。でも少なくともその限られていることをする責務がある。だって友達やから。

IMG_0455.jpeg
タニヤと兄弟。

44A6FE39-F610-412D-9A60-86F942313AFE.jpg
大阪城らしき。

IMG_0453.jpeg
ちゃんと。

IMG_0454.jpeg
展望。

IMG_0448.jpeg
腹が減っては戦はできぬ。

戦の後やけど。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサー

Comment