FC2ブログ

3月5日 明日からだってアフリカ回れるようになった。春が来そうな気配がするから。いつも明日はもっといい日になる。

Mar 5。

和解という名の始まり。何も解決していないかもしれないし、まだゼロではないかもしれない。それでも大事なことは、前に進み始めたという事実だ。ひとりひとり、それぞれの思惑がある。感じ方や捉え方、それがいかに重要だったかなんて個人でしか測ることはできない。変わったか変わっていないのかなんて、もはや論義することではない。変わろうとしていることが目の前にある。そこから始まるのだ。本気の表情がそこにあった。病と闘いながら安堵という隙間が生まれた。勝手にひとりで背負ってしまっている重荷を下ろすことができて、号泣した。それぞれが、始まった。

この国は窮屈だ。あまりに窮屈だ。そんなこの国のひとたちに見せたい世界がある。ぼくがまだまだ旅を続けられるのは、きっとこの野望をぶつけてみたいからだ。あまりに広い世界で動いている。自分で見つけ、自分で制する。これからもこのやり方でぼくは動いていく。間違っているところだってあるけれど、それ以上に正解が多すぎる。もっともっと直線で尖っていく。鋭く鋭く。良い味が出るだろう、味見したって構わない。梅の花が咲き始め、いよいよ春の訪れが見えてくるようになった。いろんなことが巻き起こる。ぼくたちの心の季節は、ようやく梅の花が咲き始めた。

弱音を吐かずに乗り越えていこう。愚痴なんかこぼさず行動しよう。もう少し冷徹で、もっと冷徹。本当のことだけを突き詰めていくために、ひとりでなければいけない。甘えている自分を許している時間をいつも知っている。それを減らすのでなく、なくす努力、努力ではなく執行する。程度は行き過ぎるだろう、最初は加減ができないから。でもその時期を超えれば、また自分なりの割合が分かってくるだろう。いまのものは半分諦めて、次のものからでいい。離れていくのならば、それもよしだ。ゼロ。いまはゼロだから。始まっていないことのそのありがたさから始められる。

IMG_0457.jpeg
自分で決める。

スタート。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply