3月18日 もうこれ以上は自分がどうにかなりそうで、とても耐えられなかった。今日、好きだと告白しました。

Mar 18。

バスが来た。ぼくの気持ちを察したのか、逃げるように乗って帰っていった。今日じゃなかったのかって自分に言い聞かせて帰路につく。でもやっぱり溢れる想いをもうこれ以上抑えることは不可能で、自分ではどうすることもできなくなっていた。メッセージを送る。あることがきっかけでFaceTimeしようとなる。少しでも気を逸らさなければって思ってもやっぱり無理で、電話越しだけど、でもちゃんと顔を見て言った。めっちゃ好きやねん。すでにいつも直接言っているんだけど、今日は真面目に、ちゃんと想いをのせて。こんなに泣かせるとは想像していなかったけれど。

自分がずるいと思った。付き合ってほしいとは言わなかった。絶対この先に繋げたいからとりあえず自分の気持ちを知った上で向き合ってほしいと思った。でも何回も好きと言った。彼女は泣いた。言葉にするのが難しくて表現できないって。でも彼女が言いたいことはよくわかった。よくわかっていたし、ぼく自身がどうすることもできず受け入れる事しかできない現実がそこにあった。コンプレックス。生きてく上で付きまとう悩み。まだ19歳、としごろ。いちばん悩む時期。その大きく見えて本当は小さな箱から抜け出すきっかけに、ぼくがなれるなら。そんなことばかり願う。

結局ぼくが間に耐えきれず、言葉を繋いで終える。迷惑だったかもしれない。タイミングではなかったのかもしれない。罪悪感ともどかしさだけが残ってしまった。ひとを好きになるのは楽しい、ひとを好きになるのは嬉しい、ひとを好きになるのは辛い、ひとを好きになるのは恐い。今日は眠れないだろうな。真っ暗な天井を見上げ彼女を想う。傷つけたわけじゃないけど、なんだかとても申し訳ないことをしているみたい。ただ楽しませたい、ただ喜ばせたい、その笑顔が見たいというそれだけの気持ち。でもそんな簡単なことじゃないんだ。ひとそれぞれ血と心が通っているから。

IMG_0746.jpeg
鴨うどん。

IMG_0718.jpeg
イングリッシュブレックファースト。

気づけば、朝だ。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサー

Comment