FC2ブログ

4月11日 永遠の0、食わず嫌いを克服したかのように面白い小説でした。腐っていく世の中に抗ってクソオモロく生きたる。

Apr 11。

夜中1時30分に読み終えた"永遠の0"。面白い小説だった。あまり日本の戦争史に興味はない。日本の過去・現在・未来だけでないだろう、いまの日本の政治家同様とても打算的で、責任を逃れ、自分の地位と名誉を守るために国や人々を利用する。大好きだけど、それと同時にきもちわるい国が日本。でもこの小説は素晴らしい。上がアホだから下が苦しむ。世界の縮図、どこでだってそれは変わらない。立つべきひとがアホ共によって立てない。悲しい世の中だ。戦争から学ばなければいけないことがたくさんあったはずなのに。もっともっと心豊かになれる素晴らしい国民性なのに。

昔はこうだった、と年寄りが語る。その理由がわかる。僕からでさえいまの世の中はちゃんちゃらおかしな方向へ歩んでいる。何度でも言えるけどきもちがわるい。まず自分を律する。そこからでないと始まらないし、そこからでさえ始められないときもある。耐え抜く人生なんてまっぴら。いろんな見解があるけれど、人類が勝手に滅びていくという論にぼくは賛同する。こんなことばかりになっていたら勝手に破滅していく。それであるならば、自分が生かされている間は、自分のやりたいように生きる。先50年、自分がこの世に存在するその時間は、自分と好きな人たちのために。

IMG_2060.jpeg
学べ、ここから。

ありがとうござんす。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply