9月19日 その本を読んで自分が暗いからなんていう今日のブログは、世界の村上春樹氏に失礼にあたるのかな。

Sep 19。

村上春樹氏の本を最近よく読む。手元にそれがあるからだといえばそれまでなのだが、ぼくは彼の流れるような文章の連なりがとても好きだ。みんな村上春樹氏の小説は暗いと口にする。あまりそこにピンと来ない自分は、それはぼく自身が暗いからか。緩やかなビブラートのような美しい言葉の波を、ただ波乗りさせてもらっているかのように読み進める。批評っているのだろうか、批評家ってなんでそんな偉そうなことができるのだろうか。そんなことをふと、たまに思いながらノルウェイの森を読んでいる。ワタナベであり、永沢さんでありたいと常々思いながら。みんな大人や。

IMG_4257.jpeg
上巻。

下巻は今日で読み終わるかな。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサー

Comment