9月24日 正しい努力は嘘をつかない。もし自分を見極めてくれるコーチがいたら、僕はもっとバスケが上手かった。

Sep 24。

上手くなりたいから誰よりもシュートを打った。誰よりも長くコートにいた。上手くなりたいから沢山のプレーヤーを研究した。あまりに情報を取りすぎて、こっちのほうがいいのでは?が先行。結果的に自分のカタチを見つけ出すことができなかった。それが自分のバスケットボールとの関わり。これはきっとアマチュアに限ったことではなく、プロの世界に入ってもそう。自分が信じる道を貫くことでしか打開できないことが沢山ある。努力はうそをつく。何故ならそれは努力の向きがほんの少しズレてしまっているから。正しい努力が必要、それを軌道修正してくれるのがコーチという存在。特に結論なんて決めていない。プロ野球選手の引退やシーズン終了のニュースを見て感じたことだ。

IMG_4301.jpeg
たたたい焼き。

ありがとう。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサー

Comment