12月19日 父が亡くなったその目の前で我慢したがる自分は、一体どんなことならば全てを解放して曝け出すのだろうか。

Dec 19。

このタイミングで、父が夢に出てきた。特になにを話していたかなんて記憶はないが、元気な姿がそこにあった。まだもう少し感傷的だ。いやだいぶそうだ。ふと思い出したりするだけで涙が頬を伝う。本当に大事なひとを失うということがどれだけ自分に大きな影響を及ぼすかってことを、ちゃんと今回学んだ。少しずつ考えているロンドン後のこと。やっぱりアフリカかな、とりあえずチャレンジかな。お金は後からどうにでもなる。でも経験はタイミングを逃すともうやってこない気がする。異国で働いても日本で働いても金は金。ひとで仕事する自分はあまりそこが大事ではないんだ。

IMG_4410.jpeg
考えてることいろいろ。

やっぱりそうなるかな。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

There are no comments yet.