5月4日 ひとの時間を奪うようなひととは付き合うことを今すぐにやめるべきだ。ということを今一度忘れることなかれ。

May 4。

堀江貴文氏が発言した記事が載っていた。まさにその通りだとグーをポンと叩いた。「ひとの時間を奪うひととは付き合いを今すぐやめた方がいい。ひとの時間を奪うことがなによりタチが悪い。」そのような内容の発言だった。ぼくにはぼくの時間があり、相手には相手の時間がある。それを奪うようなことは双方誰にもできない。それをわかってやるひとも、わからずにやるひとも、同罪。それがいやで付き合いをやめたひともいるし、きっとぼくにそれを感じて関係を断ち切ったひともいるはず。それからそのせいで辞めた仕事だってある。

お互いが尊重し合うことでしか、ひととひと、リスペクトし合う関係でしか、友情も愛情も信頼関係も成り立たない。ぼくはひとの時間を奪いたくないし、ぼくの時間を奪われたくない。1分の中に100%以上の価値を置きたいと思っている。後回しにしない、今できることを今やる、今決めたことをすぐやる、後悔しないように。自分の指針を揺るがすことはない。それは間違っていないはずだから。我慢、忍耐、その先にあるものを信じて耐え抜く。時間は平等であるからこそ、時間を大切にする。時間は有限だからこそ、時間を無駄にはできない。

スポンサー

Comment