6月11日 30代のうちにやり遂げる身体に関する2つのこと。お金の問題ではなく、どれだけ臨科の問題であり、必ずやる。

Jun 11。

150〜200万円あれば、最低限の身体の見直しはできるんじゃないかと考えている。いわゆる本当に最低限、欲は出てくる。例えば歯で伝えてみると、とりあえず虫歯を直した→歯列矯正したい→ホワイトニングしたい。例えば衣類で伝えてみると、とりあえず持っているTシャツを着ている→£50のTシャツを着たい→£100のTシャツが着たい。例えば食事で伝えてみると、とりあえず近くのスーパーで一通り揃える→ホールフーズで買い物がしたい→もっと突き詰めてオーガニックを極めたい。

いろんな欲が出てくる中で優先順位をつけて考えてみたところ、自分が切望していることは歯列矯正と視力矯正。歯並びが良くなり噛み合わせが改善されることで、身体の歪みや凝りがなくなることがなんとなくぼく自身のカラダがわかっている。し、求めている。裸眼で不自由なく過ごせることで、今以上に毎日生きる喜びに満ちるだろうし、なにより眼鏡やコンタクトをしない自分の顔が好きである。

古傷でどうにも傷む左肩や右ふくらはぎをも治癒したいのは山々。だが、これらはきっととりあえずはなんとでもなる。遅かれ早かれいずれは治す。上記に挙げた切望している2つに関しては、30代のうちにやり遂げる。ここに誓っておく。

IMG_6724.jpg
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

There are no comments yet.