6月21日 キャハハンで始まりかけたメッセージのやり取りは、ぼくのこの先への決意表明へと変わる素晴らしい時間だった。

Jun 21。

朝からパワフルな気持ちになれた1日だった。カナダのバンクーバーで知り合い、一緒にスノーボードを楽しみ、それからも交流が続いているおまみちゃん。彼女からメッセージが届き、小一時間やりとりをした。誰かと久しぶりに熱く語り合い、自分の今の立ち位置や境遇に対して自分自身がどう感じているのかってことがどんどん言葉に溢れてきた。

彼女は彼女の質問をし、ぼくはぼくなりの回答をする。その中で自分自身と向き合う。塞いでいたというよりも最近は勝手に沈黙していた熱い思い、全く消えていたのではなく、奥底でその時を待ち、ぼくがもう一度光をあてることをただじっと待っていてくれたのだ。そう、ぼくはまだまだ挑戦し続けなければいけない。まだまだやるべきことがある。

ありがとう、本当に久しぶりにこんな晴れやかな気持ちになりました。今の状況を冷静に分析し、自分がどういう道を歩いていくことが挑戦であるか、またそれをすることで大義を果たすことができるか。やはりその道なのだ。何を迷うことがあるのか。惑わされるな。決して優しい道を求める人生にするな。まだまだ自分を厳しく律し、精進するべし。

IMG_6770.jpeg
週末カレー。

スポンサー

Comment