6月29日 黒人とか白人とか黄色人とかの差別をなくしたいなら、国境もビザもいらないんじゃないか?これ、まじよ。

Jun 29。

ヒデさんと今後のことについて話す。方向性がまた宙ぶらりんになってきた。ドイツに行くことが本当にしたいことなのか?誰と仕事がしたいのか?料理がしたいのか?誰に料理を教わりたいのか?そもそも誰といることが大事なのか?誰を喜ばせることに自分の喜びを感じるのか?攻め続けたい。でも守るものも出てくる年齢なのか。

ビール2杯とウィスキー2杯程度なのに、去年今年含めていちばん酔いが回った。空きっ腹だったし、この4ヶ月で2回くらいしか飲んでいない身体は、アルコールの処理の仕方を忘れていた。帰りの記憶はあるけれど、所々抜け落ちてもいる。ぼくの間抜けなところは、決して酒豪ではないがめちゃくちゃ飲むスピードがはやいのだ。そこにいる誰よりも手が早く、文字通りグビグビいく。美味しいとか好きではなく、手が進んでしまうのだ。ちょびちょびしっぽりな男になりたい。

良い話し合いだった。まだ悩む時間があるし、なにより自分が求められている。彼に貢献したいという気持ちとそこはお互いに合致している。これ以上ないタッグ、友達としても仕事仲間としても。結局残る問題はビザ。ビザってのは本当に厄介だ。人種差別をなくす運動をするくらいなら、国境すらなくして欲しいくらいだ。これ結構的を得てるんじゃないか?

スポンサー

Comment