7月19日 いいお客さんであるために、いいスタッフでいる。逆もまた真なりで、いいスタッフでいるために、いいお客さんでいる。

Jul 19。

スマホで電話しながら注文し、ありがとうも言わないひと。いつも笑顔で来てくれて、ちゃんとありがとうを伝えて去ってくれるひと。言葉はほとんど交わさないけれど、間違いなく毎日お店に足を運んでくれるひと。100人100通りのお客さん=ひとがいて、それを毎日毎日観察できる。こんなにも人間を学べる環境はないと、改めて思う。接客業は人間関係構築の勉強そのもの。

スポンサー

Comment