ゆとり世代

「ゆとり世代」

もう聞き慣れすぎている言葉。ぼくら1987年(昭和62年生まれ)の世代がいちおう、ゆとり1期生ということだろうか。あるドラマの1シーンで、なるほどそういう考え方があるな!ってことに気づかされた。

大人たちが、世間が、「ゆとり世代は・・・」に続く言葉を使うとき、ほとんどの場合にネガティブな発言になっているように感じる。ただ、この言葉を、この世代を、この制度を作ったのは誰か。

そう、その大人たちである。

あまりいい加減なことばかりしないでほしいと感じるのは、ぼくだけだろうか?時代は変わっていくのである。もう昔とは違うし、時代が戻ることもない。新しい道を切り開き、そんな大人たちとぼくらの世代が一緒になってより良い社会を作るしかないのである。

しかも、なにが問題なのかもけっこう不透明だったりする。まぁ世の中ってこんな感じでほとんどのものが曖昧なものなんだろうな。

↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

Comments 0

There are no comments yet.