”今”を生きる

自分が歩いてきた道のりを輝かすために”今”がある。

これから歩く道を切り開いていくために”今”がある。

「”今”をどう生きるか」で過去も未来も変わってく。

だからこそ、ぼくは”今”を一生懸命生きているんだ。

↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

スポンサー

Comment