5月17日 残酷で美しい世界遺産、アユタヤ遺跡群。

May 17。

早朝に起きて、今日はアユタヤ遺跡群を見に行く。タクシーを拾ってファランポーン駅まで行くのだが、1台目のタクシーのおっさんがこのファランポーン駅を知らんかったのには呆れた。国鉄でめっちゃ大きくて有名な駅らしいのに、しかもわかりやすいようにタイ語に翻訳したやつ見したったのに・・・なんで知らんねん!で、その数秒後に来たタクシーに乗る。まぁ普通知ってるよな。

んで、午前7時出発のアユタヤ行きの電車へ乗る。片道20バーツ(80円〜90円くらい)1時間半、大阪〜姫路間くらいの距離があるらしいんやど、それでこの値段はヤバい。んで意味不明に15分くらい遅れて出発する。風が気持ちいい。ガッシャンガッシャン揺れながら9時前に到着。トゥクトゥクのおっさんらの勧誘を颯爽と切り抜けて、レンタサイクル屋へ。1日40バーツ(160円〜170円くらい)で借りた。よっしゃ、走るでー。

ってことで、結論から言うと、アユタヤ遺跡群めっちゃ周った。チャリンコで行かんようなとこも行った。観光も兼ねてやけど、5時間くらい移動しまくった。高校時の1時間チャリンコ通学を思い出したな・・・ケツ痛い!!有名な木の仏像の顔が置かれているやつとか、めっちゃでっかい大仏が寝転がっているやつとか、木になるところはすべて見に行った。正直アユタヤすげーよかった。観光地化されているけれど、なんか遺跡がすげー自然に存在感を放っていて、それに煉瓦造りの遺跡ばかりやから空の青色とのコントラストが半端なく良い。遺跡がすげー綺麗やった。

首がない仏像が多いのだが、それはビルマ軍がこのアユタヤ一帯を破壊した後に持ち帰ったのだとか。いろんなところへ旅して出向くと、その歴史や背景にすげー興味が出てくる。なんにせよ、このアユタヤは行ってよかったと強く思う。汗ダックダクで観光を終えて、ロットゥーと呼ばれる乗り合いバンで帰ってくる。バンコク市内でも全然見当がつかない場所に到着したが、周りの人に聞いて、ローカルバスに乗って、カオサンロードまで帰ってきた。案外なんとかなるもんやな。

DSC05544.jpg
ファランポーン駅到着。

DSC05542.jpg
チケット売り場。

DSC05543.jpg
構内。

DSC05545.jpg
チケット。

DSC05546.jpg
ホーム。

DSC05547.jpg
子どもたち。

DSC05550.jpg
車内。

DSC05551.jpg
アユタヤ駅到着。

DSC05556.jpg
チャオプラヤ川を渡る。

DSC05557.jpg
すでに空がめちゃ綺麗。

DSC05559.jpg
ワット・マハタート。

DSC05561.jpg
有名なやつ。

DSC05562.jpg
迫力あるなー。

DSC05569.jpg
いろいろ撮る。

DSC05570.jpg
こういう残酷なものが多い。

DSC05573.jpg
それが美しかったりする。

DSC05574.jpg
めっちゃ写真撮ってまう。

DSC05578.jpg
すでにテンションMAX。

DSC05579.jpg
ひとりでニヤけて、

DSC05580.jpg
シャッター押してる。

DSC05587.jpg
いや、まじで

DSC05590.jpg
いいとこなのよ。

DSC05601.jpg
伝われ!

DSC05606.jpg
ワット・プラシーサンペット。

DSC05609.jpg
ここも美しい。

DSC05612.jpg
瓦礫がすごい。

DSC05614.jpg
なんかもうセクシー。

DSC05618.jpg
いろいろセクシー。

DSC05619.jpg
もう、あかん。

DSC05624.jpg
まじ、すげー。

DSC05626.jpg
んで象。

DSC05627.jpg
象すげー。

DSC05639.jpg
ワット・オカヤスタラム。

DSC05643.jpg
寝とる。

DSC05645.jpg
微笑んどる。

DSC05649.jpg
ワット・チャイワタナラーム。

DSC05651.jpg
ここの写真の色がとても美しい。

DSC05656.jpg
ワット・ヤイ・チャイモンコン。

DSC05657.jpg
ここは登ってよしのとこ。

DSC05659.jpg
綺麗な場所でした。

DSC05662.jpg
また寝とる。

DSC05666.jpg
バンコク帰ってきた。

DSC05667.jpg
カオサンロード近くのここのスムージーがうまい。

DSC05669.jpg
今日はLEO beerで。

DSC05670.jpg
ヌードル。

DSC05671.jpg
屋台で。

アユタヤ、すごい良しです。
↓↓クリックお願い!↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.