背中いっぱいのバックパックなんていらない。

背中いっぱいのバックパックなんていらない。

世界を周るだけなら、背中いっぱいのバックパックなんて必要ない。

ぼくはこの無期限世界旅のなかで、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、ドイツ・・・予定ではあと3年と半年のワーキングホリデー「生活」が残っている。当然生活するのに必要な衣類やモノがたくさんバックパックに詰まっている。現地で調達できるので別に捨てても構わないのだが、日本から持ってきているものや既にそのために持っているものをわざわざ捨てるバカをする必要もない。だから65リットルの大きなバックパックとサブバッグはパンパンだ。

今回は18日間という短い間だが、東南アジアを旅した。その間、半分以上のバックパックの中身を触ることなく旅を終えることになった。サブバッグだけで十分じゃないのかと思えるほど、実際に使った荷物は少なかった。Tシャツやパンツは手洗いすれば、2つずつ持っていれば事足りるだろうし、小さくなるダウン1枚あればよっぽどの極寒地域じゃない限り、凌げるだろう。東南アジアを周るなら、現地のマーケットで現地の服を安く買える。そうやってその地に馴染んでいくことで旅の雰囲気だって味わえる。わざわざ用意をしていく必要なんてないのだ。

世界一周をするなら、荷物はサブバッグ1つでいけるんだと思う。自分がこの先、世界一周だけをするときにはそれを証明してやろうと思う。いまは生活がある。生活があるにせよ、ぼくはモノを減らしたくて仕方ない衝動に駆られている。もっと身軽にもっと軽快に旅をしたい。身ぐるみ1つでどこまでも軽やかに駆け抜けたい。そんなことを考えている。

この先2年は生活をする。そのあとまた少し旅をする。そのときには今よりももっと身軽でいたい。

↓↓クリックお願い!↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.