7月10日 最近のマイナスな自分にさようなら!!

Jul 10。

今週の仕事が終わった。短いような長いような・・・不思議な1週間だった。やはり差別がすごいなって今日改めて感じた。昨日Day-offにされたワーカーはぼくら日本人男性2人と台湾人のみ。唯一の日本人女性であるチカさんは2日連続で出勤できている。他にもスーパーバイザーの妻、兄弟、気に入られているワーカー数人は2日連続。そして与えられる仕事も台湾人はキツい仕事、2日働けているひとたちは簡単で楽な仕事。たぶんもう人数を減らしていきたいから辞めさせたいのだろうと思う。なかなかにわかりやすい感じがおもしろい。まるでブルーカラーとホワイトカラー。アパルトヘイト。まぁぼくもおもしろがっている余裕なんてないのだが・・・。笑

東南アジア旅からメルボルンに戻って、ミートファクトリーの仕事がなくなって、ここに来ての今まで、なんかこうかなり愚痴っぽくて後ろ向きでストレスフルな考え方になっていた。たぶんこのブログも読むひとにとってはそういう部分がたくさん見えて、気分がわるくなったかもしれない。本当にごめんなさい。だから今からその考え方を180℃変える。愚痴をこぼすことをやめる。真実は伝えるが、いつもどおりの前向きな捉え方で物事を見る。忘れていた大事な部分をしっかり取り戻す。このままギャーギャー頭んなかで騒いでいても変わらないし、そもそもこの環境を自分で選んだ。なにが起ころうと全責任は自分。このことを忘れかけていた。

東南アジア旅のときを振り返った。利用しているエージェントの日本人は確かに連絡を返してこなかったし、納得いく説明もないままほったらかされた。でも、もらっていた書類にはそのエージェントの他のひとのEメールアドレスが載っているのだ。もし、不安なことがあって返事がこないのであれば、自分から韓国人でもなんでもいいからエージェントの他のスタッフに確認することができた。ぼくがそれを怠っただけのことだった。ここでの仕事もそう。どうしても納得できないならファームを離れる選択肢をとるべきなんだ。エージェント代を払ったとはいえ、そんなたかが$500のお金にしがみついているのは自分の責任なんだ。頭んなか整理したら、いかに自分が幼稚であるかがわかってきた。こんな考え方してても幸運はやってこない。

ここでの生活の苦労も、終わればすべてが笑いのネタになる。思い返せば、ぼくのオーストラリア生活は笑いのネタだらけ。そのときは苦しい、悔しい、情けない、むかつく・・・だけど、あとからはそんな経験こそが自分の人生の糧になり、成長させてくれた時期だったと思うにちがいない。きっとぼくのオーストラリア生活は最後の最後まで困難だらけ。それでも生きている。それでも生活できていることに幸せをしっかりと感じて、噛み締めてまた生きていこう。Enjoy will bring me Lucky and Happy !!!

710-1.jpg
本日の仕事場の風景①

710-2.jpg
本日の仕事場の風景②

710-3.jpg
本日の仕事場の風景③

710-4.jpg
本日の仕事場の風景④

710-5.jpg
本日の仕事場の風景⑤

まず、Enjoy脳みそ!!
↓↓クリックお願い!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

There are no comments yet.